【metatrader・FX業者】最新人気ランキング

metatraderの業者選びのポイント

metatraderでFXを行う場合に多くのトレーダーが1番悩むのが、どのMT4業者で口座を開くかです。まず日本国内のMT4業者と海外のMT4業者とどちらに口座を開くべきですが、どちらにもそれぞれメリットとデメリットはあります。では実際にどのようなメリットとデメリットが、国内と海外のMT4業者にあるのでしょうか?

まず日本国内のMT4業者で口座を開いた場合の、メリットとデメリットから考えていきましょう。メリットとして考えられるのは当たり前のことですが、国内のMT4業者であれば日本語で対応してもらえます。海外のMT4業者であれば日本語でなく英語でのやり取りになりますが、国内のMT4業者であればメールと電話も日本人スタッフが対応してくれます。

次にメリットとして考えられるのは、国内のMT4業者であれば手数料が少なくて済むという点です。国内のMT4業者で開設した口座への入金は無料で、口座からの出金手数料も少額です。しかし海外のMT4業者の場合は口座への入金はクレジットカードであれば手数料はほとんどかかりませんが、出金する場合には海外からの振込手数料と日本円への両替手数料の両方の手数料がかかります。

逆に日本国内のMT4業者で口座を開いた場合のデメリットとして考えられるのは、レバレッジが25倍までと制限させているという点です。これは2011年8月から金融庁の指導でレバレッジの規制が行われてために国内のFX業者はレバレッジが最大で25倍までと制限させたのです。さらに 以前と比較すると、FX取引の際の委託する証拠金が多くなりました。

それに対して海外のMT4業者のメリットとして考えられるのは、やはりこのレバレッジの規制や制限がない点です。そのため海外のMT4業者では、200〜400倍のレバレッジでFX取引を行うことができます。ハイレバレッジなトレードを行ないたいトレーダーにとっては、この海外のMT4業者のレバレッジは魅力的です。

それと国内のMT4業者とは異なり海外のMT4業者の場合には、円だけでなくドルやユーロなど好きな通貨でFX取引を行うことができます。最近のような円高が続くと、円だけでなくドルやユーロなどでX取引を行いたいと考えるトレーダーがいても不思議はありません。ただ海外のMT4業者の場合には日本のMT4業者とは異なり、すべての業者が取引証拠金については明確に区分保管されていません

日本国内のMT4業者と海外のMT4業者とどちらに口座を開くかは自由ですが、これからFX取引を始めるFX初心者の場合には下記のmetatrader・FX業者最新人気ランキングから、国内のMT4業者を探されることをお勧めします

Metatrader4国内業者!最新口コミランキング!

サービス名 人気ポイント 通貨ペア 詳細
FXTF ★★★★★ 30種類 詳細

>>metatrader4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ