【metatrader・FX業者】最新人気ランキング

metatraderで使えるインジケーター

metatraderでは相場の値動きから将来の値動きを値動きを予測する、分析技法のテクニカル分析のことをインジケーターと呼んでいます。一般的にテクニカル分析は分析した結果を分かりやすく見るために、グラフや罫線などのチャートなど ビジュアル化することが普通です。テクニカル分析は過去の動きから未来の為替の動きを予測していきます。

metatraderで使えるインジケーターですが、無数にあります。たとえば最近多くのトレーダーが使っている人気のMACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)やストキャスティクス(Stochastics)なども、metatraderの取引画面から選択するだけで簡単に表示させることができます

1979年にジェラルド・アペル によって開発されたテクニカル分析のMACDは、従来の移動平均をより精度の高い分析をするための収束拡散トレード法です。基本的にはトレンド系に分類されるテクニカル指標ですが、欠点としてはボックス相場の時にだましが多くなる傾向があります。MACDの特徴は単純移動平均ではなく、指数平滑移動平均だという点です。

ストキャスティクスとは高値・安値・終値の3種類を使った、オシレータ系のテクニカル分析手法のことです。分かりやすく説明するとストキャスティクスは今の為替が買われすぎか、それとも売られすぎとか通貨の価格の振幅を測る逆張りの投資手法でよく使われる指標です。ストキャスティクスは1950年代に、アメリカのチャート分析家ジョージ・レーンによって考案された代表的なテクニカル指標です。

metatraderで使えるインジケーターはこれらのMACDやストキャスティクスだけでなく、多くのインジケーターが無料で簡単に利用できます。さらにmetatraderであればインディケーターを自分で作成する事もできます。metatraderといえばプログラミング言語の知識がないと、インディケーターの自作ができないと思っていませんか?

下記のmetatrader・FX業者最新人気ランキングに上位にランクインされているところであれば、metatraderのインジケーターも無料で選び放題です。設定日数の変更などもmetatraderの取引画面から簡単に変更することができます。例えば「Indicators」から「oscillators」を選び、 MACDやストキャスティクスを選択し設定日数の変更を行うだけです。

Metatrader4国内業者!最新口コミランキング!

サービス名 人気ポイント 通貨ペア 詳細
FXTF ★★★★★ 30種類 詳細

>>metatrader4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ