【metatrader・FX業者】最新人気ランキング

metatrader4とmetatrader5の違い

海外のFX業者ではmetatrader5を使っているところもあるようですが、metatraderに対応した国内のFX業者ではなぜか、今でもほとんどがmetatrader4が使われています。バージョンアップ版のmetatrader5とmetatrader4とでは、いったいどのように違うのでしょうか?そこで今回はmetatrader4とmetatrader5の違いを、徹底的に検証したいと思います。

まず管理画面ですが、metatrader4では画面の真ん中にあったメニューバーが左側に移っています。それとmetatrader5にはこれまでmetatrader4にはなかった履歴管理機能が追加されています。この履歴管理機能はもし間違って操作しても、以前の状態に戻せる機能です。「履歴管理」の左側に「日付」と右側には「メモ」があり、「日付」の部分をクリックすると編集画面に読み込めます。

さらにmetatrader5では「ナビゲーターウィンドウ」にフォルダが追加できるようになったため、インジケーターがとても使いやすくなっています。ただmetatrader4ではこれまでデスクトップで作成していたのですが、metatrader5ではなんでも先ずフォルダを作ってからフォルダの中に入れる必要があるので、面倒に感じられる方もいるかもしれませんね。

それとmetatrader5にはこれまでの1分足から月足まであったタイムフレームに、2分足と8時間足が新たに追加されました。あと「テーマのエクスポート」という機能も追加されています。この「テーマのエクスポート」を使えば、テンプレートの書き出しや読み込みが簡単にできます。バージョンアップされたmetatrader5ですが、いくつかの欠点もあるようです。

1番のデメリットはmetatrader5ではEAの書き方と売買システムのポジションが異なり、metatrader4との互換性がありません。わかりやすく説明するとこれまでmetatrader4で使えていた、BidやAskなどの予約関数が使えません。つまりmetatraderのプログラミング言語の1部分が変更されています。さらにFX取引を行う時のポジションの扱いも変更になりました。

metatrader5ではこれまで使えたEAだけでなく、metatrader4で使えていたインジケーターも使えません。さらにmetatrader5ではストラテジーテスターのサポートがないために、バックテストも行うことができないなどのデメリットもあります。これらの点からも国内のFX業者が、依然metatrader4を使うのも当然かもしれません。いずれにしてもmetatraderでのFX取引に興味がある方は、下記のmetatrader・FX業者最新人気ランキングにランクインしている会社をお勧めします。

Metatrader4国内業者!最新口コミランキング!

サービス名 人気ポイント 通貨ペア 詳細
FXTF ★★★★★ 30種類 詳細

>>metatrader4の人気業者ランキング・2位以降はコチラ